BLOG ブログ

HOME // ブログ // 外壁塗装における3種類の工法のメリットとデメリットをわかりやすく紹介

CATEGORY


コラム

外壁塗装における3種類の工法のメリットとデメリットをわかりやすく紹介

外壁塗装を業者に依頼したいものの、どのような工法で塗装を行うのか気になったことはないでしょうか?外壁塗装は費用がかかるので、可能ならば工法を詳しく知っておきたいものです。

 

そこで今回は、外壁塗装で利用される工法をわかりやすく紹介します。メリットやデメリットもまとめましたので、外壁塗装に興味のある方は、この記事を参考にしてください。

 

1.外壁塗装の工法は3種類


外壁塗装にはおもに3種類の工法があります。それぞれには、メリットやデメリットがあるので、自宅の外壁に合った工法を選ぶとよいでしょう。

 

2.吹き付け工法


吹き付け工法とは、スプレーガンを使って塗装する方法です。専用の容器に塗料を入れて霧状に吹き付けます。外壁のほかにも、車や飛行機の塗装で使用されています。スプレーガンにはおもに3種類あり、それぞれの状況に合わせて使いわけます。

 

・重力式スプレーガン

塗料容器を横に取り付けるタイプのスプレーガンです。色替えを頻繁にする塗装や少量の塗装に向いています。

 

・吸上式スプレーガン

塗料容器を下に設置して、吸い上げて噴射するタイプのスプレーガンです。タンクが重力式よりも大きいので面積の大きい塗装に向いています。

 

・圧送式スプレーガン

スプレーガンに直接ホースをつなげています。塗装を多量に使うときに便利です。また、タンクに塗料を入れる手間がないというメリットもあります。

 

スプレーガンを使用することで、圧縮した空気を微粒子化できます。

 

2-1.吹き付け工法のメリット


吹き付け工法のメリットは仕上がりのよさです。吹き付けかたによって、複雑な模様や重厚感のあるデザインを表現できます。おもな仕上げ方として以下のものがあります。

 

・スタッコ仕上げ

セメント系や合成樹脂などを塗料と一緒に吹き付けることで、重厚感のある模様をつけることができます。

 

・リシン仕上げ

細かい砂利を塗料に混ぜて吹き付けることで、模様に変化をつけられます。

 

・吹き上げタイル仕上げ

粘度の高い塗料を吹き付けることで立体的にできます。

 

吹き付け工法のもうひとつのメリットは、施工の早さです。スプレーガンを使用するので、ほかの施工方法よりも短時間で仕上げることが可能です。そのため、人件費などのコストを下げることができます。

 

2-2.吹き付け工法のデメリット


吹き付け工法のデメリットは、近隣住民への配慮が必要なことです。スプレーガンを使用するときにコンプレッサーを使うことが多く、騒音に注意しなければなりません。加えて、吹き付け工法は飛散しやすいので、養生をかけて汚れないようにガードしなければなりません。

 

3.ローラーを使用した手塗り工法


ローラーを使用した「手塗り工法」とは、スポンジや毛でできたローラーに塗料を染み込ませて塗る工法です。3種類中で、もっとも人気のある工法です。使用するローラーはおもに3種類です。

 

・短毛のローラー

毛が短いので、きめ細かく仕上げられます。また窓枠といった障害物が多い場所で塗りやすい、という特徴があります。

 

・中毛のローラー

長毛と短毛の中間のローラーです。どんな場所でも使いやすい万能型です。

 

・長毛のローラー

毛が長いので塗料を多量に染み込ませることができます。そのため、広い面積を効率よく仕上げたいときに便利です。

 

3-1.ローラーを使用した手塗り工法のメリット


ローラーを使用した手塗りの工法の場合、厚塗りが可能というメリットがあります。原液に近い塗料を塗り込むことができるので、しっかりとした塗膜を形成できます。また、塗料が飛散したり、騒音になったりすることがないので、近隣住民に迷惑をかけずに塗装ができます。

 

3-2.ローラーを使用した手塗り工法のデメリット


手塗りで行うので、吹き付け工法に比べて時間がかかるというデメリットがあります。そのため、コスト面についても、吹き付け工法よりも割高になることがあります。

 

また、ローラー工法は道具によって仕上がり具合が変わるというデメリットもあります。劣化しているローラーで塗装を行うと、気泡が入ってムラのある仕上がりになってしまいます。

 

4.刷毛を使用した手塗り工法


刷毛を使って外壁を塗装する方法です。使用する刷毛にはさまざまな種類があり、目的や用途に合わせて使いわけられます。おもな刷毛として以下のものがあります。

 

・平刷毛

幅が広い刷毛です。平面の塗装に適しています。

 

・筋交い刷毛

柄が斜めになっています。細かい部分や隅の塗装に適しています。

 

・寸胴刷毛

毛量が多いので、粘度の高い塗料を使用するときに適しています。

 

4-1.刷毛を使用した手塗り工法のメリット


刷毛を使用した塗装の場合、塗料の飛散がないので、汚すことがないというメリットがあります。そのため、複雑な形状や細かい場所の塗装に向いています。

 

4-2.刷毛を使用した手塗り工法のデメリット


刷毛を使用した塗装は、スプレーガンやローラーを使用した塗装よりもさらに時間がかかります。そのため、時間や人件費が大幅にかかるというデメリットがあります。加えて、刷毛を使った塗装は、職人の腕によって大きく左右されるというリスクもあります。

 

5.まとめ


外壁塗装では3種類の工法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。塗装業者と相談しながら、最適な工法を選択しましょう。

 

「鈴木塗装」では、板橋区を中心に関東エリアの外壁塗装を行っています。加えて、内装塗装、ベランダや屋上の防水塗装も行っており、あらゆるニーズに対応しています。ご自宅の外壁塗装を考えておられる方は、ぜひ「鈴木塗装」へご相談くださいませ。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧