BLOG ブログ

HOME // ブログ // 外壁塗装や屋根塗装は本当に必要?家を守るための効果を知ろう

CATEGORY


コラム

外壁塗装や屋根塗装は本当に必要?家を守るための効果を知ろう

「最近、外壁や屋根の塗装が色あせてきたような気がするけど、年月がたてば古くなるものだし、気にしなくていいか…」と思っている方はいらっしゃいませんか。

 

外壁塗装や屋根塗装は、住宅を維持するために重要なものです。経年で古くなるということは、劣化もおこるということです。新築から10年以上が経過していて、なんとなく古い感じになってきたと感じているならば、劣化が進んでいる可能性もあります。

 

そういう場合には、外壁塗装や屋根塗装をすることで、外観が美しくなるとともに、劣化の修復や機能の維持をはかることができます。

 

1.外壁塗装、屋根塗装で住宅寿命をのばす


皆さんは、外出する際に日焼け対策として日焼け止めを使ったり、UV対策として帽子をかぶったり日傘をさしたりと工夫をしているかと思います。住宅の外壁や屋根についても、人間と同じように考えてみてください。昼夜を問わず、晴れの日も、強風でも、台風がやってきても、そのままの状態で家を守ってくれています。過酷な環境で、住宅を守る役目を果たしているのです。

 

そう考えると、外壁や屋根にもケアが必要だということがお分かりいただけると思います。 家自体を保護し、また壁や屋根の家を守る機能がじゅうぶん発揮されるようにするために、外壁塗装や屋根塗装は必要なのです。

 

また、自然災害以外でも、火災から家を守ることも塗装の役割のひとつです。そこで、外壁や屋根の機能維持をしていくために、しっかりとメンテナンスすることが必要なのです。

 

1-1.塗料による効果


塗料によって、外壁や屋根に耐久性などの機能をもたせることができます。塗料の種類により機能は変わりますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

 

・耐久性を高める

外壁や屋根の素材を塗装により保護することで、素材の耐久性が高まります。外壁やサイディングなどには、新築時に表面に塗装を施して保護をしています。塗装の耐用年数は一般的に10年ほどといわれていますので、それ以降は塗装も劣化してきてしまうのです。そうなると、外壁や屋根の素材自体もダメージを受けて、家自体が劣化する事態を招いてしまいます。

 

・防水性を高める

水分、湿気から守り、雨漏りなどを防ぐことができます。外壁にひびが入ると塗装の膜にもひびが入り、雨水が侵入してしまいます。防水機能がある塗料は、伸縮性の高い膜で雨水の侵入を防ぎます。もし、外壁にひびが入っても、塗料の膜が延びて隙間をカバーしてくれるのです。

 

・断熱効果

夏は冷房効果を高め、冬は暖かくする効果があります。年間を通じて、部屋の温度を快適に保つことができ、省エネも期待できます。

 

・遮熱効果

熱を反射して直射日光や屋根の表面の温度上昇をおさえることで、部屋の温度変化を軽減できます。夏に、部屋に熱がこもってしまうなどの悩みがある場合の対策となります。ただし冬は部屋の保温がしにくいため、断熱効果がある塗料との組合せがより効果的です。

 

・セルフクリーニング効果

光触媒やセラミック樹脂を配合した塗料などを使うと、外壁に付着した汚れを雨水とともに洗い流してしまうセルフクリーニングができるものがあります。

 

塗料によっても効果が異なるため、どのような効果を得たいのかを考えて塗料を決める必要があります。外壁塗装や屋根塗装を検討する際に、事前に専門業者に相談をしてみるとよいでしょう。

 

2.住宅の資産価値を維持する


定期的にメンテナンスが行われている住宅は、今後も長く住み続けられるという判断となります。状態が良好でメンテナンスされている住宅は、そうでない住宅に比べて資産価値が高く評価されるのです。きちんとした外壁塗装がされている=身なりを整えた人のように、きちんとした印象を与える効果があります。

 

部屋の模様替えやリフォームについては積極的でも、家の外側はあまり気にしなくてもいいのではないかという考え方もあると思います。しかし建物の資産価値は、立地・デザイン・管理状態により決まるといわれており、外壁塗装や屋根塗装を施して状態を維持することは、資産価値の維持につながるのです。

 

また、マンションを経営されている場合も同様に、外壁シール(コーキング)の定期的なメンテナンスや屋上防水をしっかりと行うことで、資産価値が高まります。入居を検討される方にも、管理の行き届いた建物として案内することができます。

 

3.家の外観を新しくすることができる


外壁塗装を行うと、家の外観を新しくなることが、もっとも分かりやすい効果といえます。新築から10年以上経過すると、どうしても汚れやカビなど劣化がおきてしまい、外観からは古くなったという印象をうけてしまいます。

 

そのようなときには、外壁塗装のメンテナンス時に、今までとは違う色を選んだり、複数の色をもちいて塗り分けをしたりするなど、全体的なデザインを変えることもできます。配色が変わると、印象も変わり、新しい家になったような気分も味わえます。一度建てられた家の外観は、その構造は変えることができませんが、色で変化をつけられるのです。

 

4.まとめ


外壁塗装や屋根塗装の効果についてご紹介しましたが、その必要性について理解いただけたことと思います。築年数が浅い住宅や、特に目立った劣化がない場合には、あわてて塗装工事する必要はありません。そのため「今すぐ塗装したほうがよいですよ」と言われて慌てて業者と契約してしまうことがないようにしてください。気になるところがある場合には、信頼できる専門業者へ相談することをおすすめします。

 

外壁塗装や屋上・ベランダの防水工事、内装塗装も行う「鈴木塗装」では、まずお客様の声にしっかりと耳を傾けるところから、丁寧に対応をいたします。外壁の気になる部分だけを塗装するなど、小規模な工事も要望にあわせてお引き受けしております。まずはお問い合わせください。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧