BLOG ブログ

HOME // ブログ // 外壁塗装に火災保険が使える?意外と知らない火災保険の使い方

CATEGORY


コラム

外壁塗装に火災保険が使える?意外と知らない火災保険の使い方

自宅の外壁にひび割れや損傷がある場合、補修工事と同様に外壁塗装工事を行う必要があります。この外壁工事において、自宅に掛けられている火災保険が利用できるケースがあるのはご存じでしょうか?

 

火災保険とは何も火災の時にのみ利用できるというわけではありません。ここでは火災保険を利用した外壁工事、外壁塗装工事についてまとめてみました。

 

1.自宅にかける火災保険とは?


自宅をお持ちの方の多くは火災保険に加入されているかと思います。大切な自宅が、万が一火災の被害に遭ってしまった場合の保険と考えている方が多いかもしれませんが、実は火災保険とはそれだけの保険ではありません。

 

1-1.火災保険は火災以外でも使える


一般的に自宅にかける保険は「火災保険」と呼ばれますが、保険の対象は火災だけではありません。もちろん保険のプラン次第ではありますが、多くの場合自然災害全般に対する保険を火災保険と呼んでいます。

 

一般的な火災保険の対象となるのは、火災、風災、雪害、水害などです。水害に関しては対象とならない保険がありますので確認が必要です。ほかにも雹(ひょう)や落雷に関する被害も保険対象になっているケースがほとんどです。

 

1-2.火災保険だけでは補償を受けられない災害


多くの自然災害をカバーしている火災保険ですが、地震は対象外となっています。地震被害に対する保険は火災保険とは別に「地震保険」として存在していますので、別途契約する必要があります。

 

ちなみに同じ火災でも、地震が原因で起きた火災は火災保険の対象外で、地震保険の対象になりますのでご注意ください。

 

2.火災保険を利用した外壁塗装の流れ


多くの自然災害が対象となる火災保険ですが、この火災保険を利用して外壁塗装が可能となるケースがあります。そんなケースに関して確認しておきましょう。

 

2-1.外壁塗装工事を行う原因が重要


火災保険を適用するわけですから、当然ながら外壁塗装を行う理由が自然災害である必要があります。「雹の影響で外壁を損傷した」、「台風の影響で壁から漏水するようになった」など、自然災害が理由であることを証明する必要があります。

 

反対に言えば、外壁の汚れが目立ってきたからという定期的な外壁塗装の場合は、当たり前ですが火災保険は利用できません。

 

では、火災保険を利用した外壁塗装の流れを確認しておきましょう。

 

2-2.まずは施工業者に見積もりを依頼


台風被害や水害、雷などの自然災害が原因で、外壁に補修が必要なレベルの損害が生じた場合は、まず施工業者に連絡し、被害状況を確認してもらいます。施工業者に火災保険を利用したい旨を伝えれば、それを理解したうえで見積もりを出してくれるはずです。

 

2-3.保険会社に連絡


施工業者から見積もりをもらったら、保険会社に連絡をして事情を説明します。どんな自然災害でどのような被害があったかを伝え、保険会社からの連絡を待ちましょう。

 

数日以内に保険会社から連絡があり、提出すべき書類や、損傷個所の写真の提出などが求められます。損傷個所の写真に関しては、ご自身で撮影してもいいのですが、できれば施工業者にお願いし、見積もりの時に一緒に撮影してもらうといいでしょう。

 

書類や写真を提出すると、保険会社の担当者、および専門家が派遣されます。最終的に火災保険を適用できるかどうかを判断するのは、この専門家の意見が重要になります。

 

2-4.専門家のチェックを受ける


ここでいう専門家は、家屋の損傷具合とその原因に関しての専門家であり、損傷個所をどのような施工で補修するかまでを判断できる鑑定人になります。

 

鑑定人にすべての損傷個所を確認してもらい、火災保険を適用できるという判断をもらえれば損傷個所は火災保険を利用して修繕することができます。

 

2-5.火災保険を利用する場合のポイント


外壁の補修・塗装において、火災保険を利用する場合にはいくつか注意すべきするポイントがあります。まず重要なのが施工業者選びです。できるだけ優良業者にお願いするようにしましょう。

 

火災保険を利用する場合、自然災害でダメージを受けたすべての損傷個所をきっちりと見つけ出してもらわなければいけません。最低限それができる施工業者を選びましょう。さらに、損傷個所の写真を撮影し、正しい施工方法を見積書に提示してくれる業者を見つけましょう。

 

続いて損傷個所についてです。損傷個所は最終的に火災保険の鑑定人がチェックするまでは、損傷したままにしておく必要があります。損傷個所によっては漏水など生活に影響が出るような損傷もあるかと思いますが、損傷個所自体はそのままにしておきましょう。生活に支障が出るような場合は、ブルーシートでカバーするなど工夫して乗り切るようにしましょう。

 

3.まとめ


基本的に外壁塗装工事に火災保険は適用されません。しかし、台風や雷、水害などの自然災害で外壁がダメージを受け、その修繕をする中で塗装もするとなれば火災保険が適用されるケースがあります。

 

火災保険を利用する場合は、施工業者探しがひとつのポイントとなります。「鈴木塗装」ではこうした火災保険を利用するケースの工事も数多く請け負っております。保険会社に提出すべき損傷個所の写真撮影ももちろん対応させていただきます。

 

施工に関しては東京都内を中心に、関東全域において多数の実績を持っておりますので、どの施工業者を選べばいいのか悩んでいる方は、まず一度ご連絡ください。お客様のご希望に合わせて対応させていただきます。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧